元乃木坂・深川麻衣 中学時代の恋愛告白「何もなく終わり、ショックでした」

元乃木坂・深川麻衣 中学時代の恋愛告白「何もなく終わり、ショックでした」
恋愛観を語った深川麻衣(左)と岸井ゆきの
       

 女優の岸井ゆきの(27)と「乃木坂46」元メンバーで女優の深川麻衣(28)が25日、都内で映画「愛がなんだ」のブルーレイ&DVD発売記念トークショーを行った。

 原作は「空中庭園」「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田光代氏の恋愛小説。仕事や友人、自身の生活全てを犠牲にしてもいいほどの“愛”を持った28歳のOL・テルコ(岸井)と、彼女を取り巻く様々な人物を描く。

 テルコの友人・葉子を演じた深川は、作品にちなみ中学時代のほろ苦い“恋愛”エピソードを告白。「中学生の時に気になる人がいて。その人がショート(カット)が好きと聞きつけて、ヘアカタログを見て(美容院で)『こういう感じにしてください』とお願いしたのですが、モデルさんがかわいかったみたいで…。いざ自分がやったら男の子みたいな髪形になっちゃった」と苦笑い。恋が進展したわけでもなく「その子とはよく話す間柄でもなくて、ただ髪が短くなっただけで、何もなく終わりました。ショックでした」と振り返った。

 また、岸井が演じたテルコは恋にまい進するタイプだが、実際の自分は違うようで「(異性に)メールを送る時とか『元気?』を平仮名にするか漢字にするかを悩んだりする。どっちがかわいいかなって」と乙女な一面を告白。それでも「私は(同性から)恋愛相談をされる側で、あんな猪突猛進に恋はできないですけど、演じてみたら、テルコみたいになる要素はあるのかな。テルコ予備軍かも」とニヤリとした。

 また、深川は「私も(テルコみたいに)仕事を投げ出してまで恋人に会いに行く概念はないですけど、うらやましくもある。友達の恋バナを聞いて『大丈夫?』『やめときなよ』と言っちゃうタイプなので」と今も恋には奥手のようだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。