FA表明・福田の「ソフトバンク卒業」に理解示す関係者

FA表明・福田の「ソフトバンク卒業」に理解示す関係者
FAの書類を提出した福田

 ソフトバンク・福田秀平外野手(30)が25日、国内FA権の行使を表明した。これに西武や中日など他球団フロントが即反応。かねて興味を示していた楽天、ヤクルトなども改めて獲得調査の本格化を宣言した。

 福田は、選手層の厚いソフトバンクではスタメン起用の機会が少なく、代打や代走、守備固めが主。だが、能力の高さとユーティリティー性、さらに今季推定年俸3600万円で人的補償も不要なCランクとあって、他球団からの人気が高い。

 この日、球団に申請書類を提出した福田は「13年やってきてこの権利を取らせていただいた。他のチームの話を聞いてみたいというのが一番。選手としての評価を聞きたい」。ソフトバンクは当初、大台の1億円を超える大幅アップの複数年契約で引き留めを図るなど権利行使前に契約を結ぶことを目指してきたが、福田の気持ちを抑えるまでには至らなかった。

 ただ、福田が「(残留は)全然ある」と語ったように、他球団と交渉しながら、ソフトバンクとも日程を調整して交渉の席につく予定だ。

 そんな福田には、球団内から複雑な声が上がっている。もちろん残留希望が大前提だが「行使したということは出ていく公算が大きいのかな」という見方も出ており「福田はエースキラーで、速球に強い打者。他球団に求められているわけだから、出場機会の多いところで見てみたい」という率直な意見も挙がった。

 今季、チームは2年目ながら侍ジャパンに選出された周東が台頭。FA権行使が有力なバレンティン(ヤクルト)獲得に向けても動いている。また、ドラフトでは佐藤直樹外野手(21=JR西日本)を1位指名した。「(試合の)頭から出たいという気持ちはある」と語る福田の活躍の場を考えれば“鷹からの卒業”に理解を示す関係者も多い。

 球界屈指のバイプレーヤーを巡る攻防に注目が集まる。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。