デミ・ムーアの暴露で観客大爆笑! 「価値もないのに自分よりギャラが高かった俳優」

記事まとめ

  • デミ・ムーアが、トーク番組に出演し、秘密を暴露し合うゲームに参加。
  • 「価値もないのに自分より出演料が高かった俳優」を尋ねられた。
  • 「そうね、ブルース・ウィリスね」と元夫の名前を挙げ、観客を大爆笑させた。

デミ・ムーア暴露!「価値もないのに自分より高額ギャラだった俳優」

 15歳の時に母親に売春を強いられたなど、衝撃事実を暴露した自伝本を先月出版したばかりの女優デミ・ムーア(56)が今週、米CBSの人気トーク番組に出演。これまでの共演者の中で「価値もないのに自分より出演料が高かった俳優」を聞かれ“あの人”を筆頭に挙げた。

 デミは英コメディアン、ジェームズ・コーデンが司会する「ザ・レイト・レイト・ショー」に登場。互いに秘密を暴露し合うゲームで、ジェームズが引いたカードに書かれた前述の質問に、デミは「誰から始めればいいかしら」と前置きして「そうね、ブルース・ウィリスね」と、元夫の名前を挙げ、スタジオの観客を大爆笑させた。

 デミは自身が主演した1991年のサスペンス映画「愛を殺さないで」でブルースと共演。96年のアニメ映画「劇場版 ビーバス&バットヘッド DO AMERICA」では共に声優として出演した。また、デミの「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」(2003年)ではブルースがカメオ出演した。2人は87年に結婚し、00年に破局している。

「でも、彼が本当に私より高いギャラをもらう価値がなかったかどうかは分からないわ」としてアンサーを撤回。質問に答えられなかった罰として激辛ソースを口にした。

 一方、デミが引いたカードに記された「デミの自伝本『インサイド・アウト』で一番興味をひかれたのはどの章?」との質問に、ジェームズは「うんん…ドラッグのところかな」と口を濁し、笑いをこらえ切れない表情で「やっぱり読んでおくべきだった」と同書を読んでいないことを認め、罰ゲームで出されたゲテモノ肉をほおばった。

 また、デミは「これまで出演した映画の中でサイテーなのは?」との質問には「これは答えられるわ」とし、納得の表情で、「『悪魔の寄生虫・パラサイト』よ」と即答した。同作は82年のB級ホラー映画で、若きデミが主演。自分にとっては“黒歴史”の1本だったようだ。

東スポWebの記事をもっと見る 2019年10月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。