防弾チョッキで紛争地に入った緒方貞子さん 戦場ジャーナリストが見た素顔

防弾チョッキで紛争地に入った緒方貞子さん 戦場ジャーナリストが見た素顔
難民支援に貢献した緒方貞子さん(ロイター)

 日本人初の国連難民高等弁務官として、難民支援に貢献した緒方貞子さんが22日に亡くなっていたことが分かった。92歳だった。

 危険をものともせず、紛争地にヘルメット、防弾チョッキ姿で乗り込む現場主義。紛争当事者と交渉する姿は、国連関係者や世界各国のトップから「身長5フィート(約150センチ)の巨人」(英BBC)と称賛された。

 1927年に東京で生まれた緒方さんの曽祖父は犬養毅元首相、祖父は芳沢謙吉元外相、父は元フィンランド公使の中村豊一氏。幼少期を国と中国で過ごし、聖心女子大で後輩に当たる上皇后美智子さまは、29日に都内で行われた葬儀を弔問された。

 米ジョージタウン大で修士号、カリフォルニア大バークリー校で政治学博士号を取得し、日本人女性として初の国連公使、国連人権委員会日本政府代表を務め、91年に国連難民高等弁務官に就任した。

 アフガニスタン戦争時、本紙にリポートした戦場ジャーナリスト久保田弘氏は、現地で見た緒方さんの行動力をこう語る。

「国連難民高等弁務官は本来、指揮者のようなポストで、紛争地まで入るようなことはしない。緒方さんは危険な難民キャンプも訪れ、常に現場目線だった。私が難民支援していたのを人づてに聞いた緒方さんから『あなたなのですね。聞いていましたよ』と声をかけてもらった初対面は忘れられません」

 難民だけでなく、紛争や貧困問題に取り組んだ交渉力、信念は強靱で、厳しい表情で知られるが、現場を離れると笑みがこぼれた。

「日本人は優しいから、ちゃんとした情報があれば協力してくれるのよ。ねっ?」

 久保田氏にかけた言葉の言外には“だから、フリージャーナリストとして日本に真実を伝えて”との思いがあったに違いない。2冊目のアフガニスタン写真集の帯に緒方さんからコメントを寄せてもらったという久保田氏は「見透かされているようで怖くて、優しくて、間違ったことが大嫌いな方」と偉大な功績を残した女傑をしのんだ。

あわせて読みたい

城恵理子のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「城恵理子 + 卒業」のおすすめ記事

「城恵理子 + 卒業」のおすすめ記事をもっと見る

「城恵理子 + 復帰」のおすすめ記事

「城恵理子 + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「渋谷凪咲」のニュース

次に読みたい関連記事「渋谷凪咲」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 城恵理子 twitter
  2. 城恵理子 前田敦子
  3. 城恵理子 卒業

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。