【講道館杯】73キロ級・海老沼は2年連続準V「力不足」

【講道館杯】73キロ級・海老沼は2年連続準V「力不足」
原田に裏投げで技ありを取られた海老沼(左)
       

 2020年東京五輪の柔道日本代表1次選考会である講道館杯初日(2日、千葉ポートアリーナ)、男女計7階級が行われ、男子73キロ級は、66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(29=パーク24)が決勝で原田健士(21=日体大)に敗れ、2年連続の準優勝に終わった。

「力不足しかない。何を言っても言い訳になる」と肩を落とした海老沼は「一回戦からずっと辛抱(の柔道)をしていた」という。それでも準決勝ではこの日初めての一本勝ちを奪い、波に乗ったかと思いきや決勝で落とし穴が待っていた。

 不用意に投げにいったところを裏投げで返されて技ありを取られると、その直後に隅返しでまたも技ありを奪われ、万事休す。

「返し技を狙っているのは分かっていた」と唇をかんだが、後の祭りだ。これでグランドスラム大阪(22日開幕)にも選出されるかは不透明。代表争いも崖っ縁となったが「大野(将平)選手が優勝なら決まってしまうので、そこを全力で阻止しにいきたい」と前を向いた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月2日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。