上宮高時代のチームメートが証言する「本当の元木大介」

上宮高時代のチームメートが証言する「本当の元木大介」
練習を見守る元木ヘッド(左)

【赤坂英一 赤ペン!!】巨人・元木内野守備兼打撃コーチが、ヘッドに昇格した。選手時代、長嶋監督に「クセ者」と呼ばれた男が、原内閣のナンバー2にまでのし上がったわけだ。

 元木ヘッドや宮本投手総合コーチが巨人に復帰した昨年、一部OBから「あんなテレビタレントを集めてどうするのか」と批判の声が上がった。今回も「元木にヘッドが務まるのか」と危ぶむ声は少なくないようだ。

 が、任せてみれば意外に頼りになるのではないか。元木ヘッドは解説者時代から若手の早出練習を見にきては細かい助言をしていた。単なる技術指導にとどまらず、配球の読み方、タイミングの外し方、さらに「演技の仕方」にも及んでいる。

「相手投手の間を崩すには、ただ真っすぐ打席に入ったんじゃダメ。目にゴミが入ったフリとか、怒ってマウンドへ向かうフリとか、いろいろやらなきゃ。そうやって揺さぶりをかけるんだよ」

 当時、テレビで演じていた“おバカキャラ”とはまるで違う元木大介がそこにいた。振り返れば、彼ぐらいイメージで損をしてきた人間もいない。

 1991年の入団時、前年一浪したことを批判されて、元木は一部マスコミにあえて憎まれ口を利くようになった。「悪ガキ」などと書かれると、かえってそういう態度をエスカレートさせていたように思う。ほかならぬ私も、当時は随分批判的な記事を書いたものだ。

 元木が変わってきたのは、長嶋監督にクセ者と命名されたころからだ。脇役ながら常に四方八方に目を光らせ、隠し球のような意表を突くプレーや周囲を笑わせる言動で存在感を発揮している。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月5日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。