【深谷知広の競rin世界挑戦】アジア選手権で見えた課題 個人スプリント3位&チーム優勝だったが…

【深谷知広の競rin世界挑戦】アジア選手権で見えた課題 個人スプリント3位&チーム優勝だったが…
スプリントで優勝したアワン(中)を準優勝のワッキー(脇本雄太)(左)と担ぎ上げて祝福しました(撮影=新田祐大)

 みなさんこんにちは。アジア選手権が終了して次のW杯に向けて気持ちを切り替えている深谷知広です。今回のアジア選ではチームスプリントと個人スプリントに出場しました。

 チームスプリントでは雨谷(一樹)、新田(祐大)さん、私の布陣で走った中でのベストタイムを決勝で出すことができ、優勝しました。しかし予選は平凡なタイムになってしまい、これではW杯、世界選手権ではかなり厳しい勝ち上がりになってしまいます。なので、これからは最低限決勝の走りが求められてきます。

 予選から決勝で大幅にタイムが短縮された要因は、私的には走路への慣れだったと思います。これはずっと私の課題なのですが、周りのメンバーよりも圧倒的に250メートル走路を走ってきた経験が少ないので、異国の走路に対応するのに手間取ってしまいます。

 しかも今回はかなり癖がある走路でした。コーナーの傾斜の変化がスムーズではなく、インに入ろうとすると直線で下まで落ちてしまう…。それを考えて少し膨らむと外に飛んでいってしまう…。決勝では比較的スムーズに回れましたが、最終コーナーで後輪がジャンプしてしまう対応の難しい走路でした。

 個人スプリントでは予選を1位通過、最終成績が3位という結果でした。今回は私の課題である、予選の時に体の動きが悪い、ということはありませんでした。小さな失敗のみで、9秒846という悪くないタイムで1位通過できたことで、その後の対戦を有利に運ぶことができました。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。