松本穂香が主演映画で感じた未来「終わり感がない」

松本穂香が主演映画で感じた未来「終わり感がない」
中川監督と主演の松本

 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」やTBS日曜劇場「この世界の片隅に」をはじめ、映画「おいしい家族」などで活躍する女優・松本穂香(22)の主演映画「わたしは光をにぎっている」が15日から全国公開される。

 メガホンを取ったのは、モスクワ国際映画祭で2賞を受賞した「四月の永い夢」の中川龍太郎監督。都市開発を間近に控えた東京下町商店街の銭湯を舞台に、田舎から上京した宮川澪(松本)が、人や時間、場所が失われていくという経験の中で、自分の居場所を見つけていくという物語だ。

 この作品を「現代の魔女の宅急便」と称する中川監督は、製作の動機についてこう語る。

「自分に映画を教えてくれた親友が自殺してしまったんですけど、その親友と学生時代に行っていた銭湯や居酒屋が都市開発でなくなった。自分と親友が過ごしていた時間ごと消されてしまったような気がしたんです。自分の生まれた街も奇麗で清潔だけど無個性な住宅街になってしまった。そんな連続性がなくなることへの恐れと悲しさ、少しの怒りがきっかけとなりました」

 言葉は極端に少ないが芯のある主人公・澪には最初から松本を想定していたという。

 その松本は「とにかくすてきな言葉がたくさんある台本だと思いました。私のことはこう見えているんだな、わかってくれていての“この本”だと。澪が自分に近い分、悩む必要がなかったので演じるのは難しくなかったですね」と語る。

 消えゆく商店街の話なのに温かい物語になったのは、浄化にも近い透明感を持つ松本をはじめとする出演者の魅力ゆえだろう。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「魔女の宅急便 + 実写」のおすすめ記事

「魔女の宅急便 + 実写」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「天空の城ラピュタ」のニュース

次に読みたい関連記事「天空の城ラピュタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月11日の映画記事

キーワード一覧

  1. 魔女の宅急便 実写

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。