桂文枝 三金さん告別式で号泣「師匠に選んでくれてありがとう」

桂文枝 三金さん告別式で号泣「師匠に選んでくれてありがとう」
出棺を見送る桂文枝(中央)

 9日に脳幹出血のため急死した落語家・桂三金さん(本名・奥野武志=享年48)の告別式が13日、大阪市の大阪北玉泉院で営まれ、師匠桂文枝(76)ら約300人が参列した。

 式では文枝と同期を代表して林家菊丸(45)が弔辞を読んだ。文枝は「生きてくれてたらすごい落語家やったのに。なんでや。何でお前がいかなあかん。三金帰ってきてくれ。お前がおらんと寂しいねん。ひどいやないか」と突然旅立った弟子をしかって号泣。「僕を師匠に選んでくれてありがとう。25年間めっちゃ楽しかった。向こうにいって寂しいからって誰も呼ぶなよ。最後に一つだけ言わせてくれ。三金のアホ…」と別れの言葉を送り、参列者の涙を誘った。

 1994年に上方落語の世界に飛び込んだ“平成6年組”の中でも、同期のまとめ役として信頼が厚く、亡くなる前日の8日に出演していた「落語家25周年ウィーク」を企画、主導したのも三金さんだった。

 歯に衣着せぬ発言が人気の桂春蝶(44)も同期組の一人。「僕らの同期って自分ファーストの人が多いんですけど、人のためにやってあげる人だった。これからはまとめてくれる人がいなくて、僕自身は失った感がすごい。あなたがいてくれたから、自分自身もここまで頑張ってこれた。クシの歯が欠けたって表現しますけど、こういうことなんだな。それがこんなに早いとは想像しなかったんで、あまりにも寂しい」と唇をかんだ。

 それでも、三金さんとの思い出を聞かれると「食べてることしか思いつかないなぁ」と体重120キロを超える体について触れ、「無理して食べているところはあったかもしれないし、みんなが心配をしていた。でも、今日も出棺のときに『体が大きすぎて2階から出棺できない』って言われて、館内で爆笑が起きたんですよ。来てる人はみんな悲しいんですけど、太っているというネタが確立してたということ。一つのキャラをここまで植え付けてるのは嫉妬しますね」と語った。

 同じく同期の桂吉弥(48)も「アイデアマンでみんなのためにやってくれる。あいつがおらんとまとまれへんし、あの体の通りクッション役になってくれた。自分がウケたいとか儲けたいとか芸人には珍しい欲のないやつで、僕がテレビに出てたりしてても、ちゃんと見てくれてダメ出ししてくれる。先輩も同期も後輩も悪いこと言う人見たことない。ホンマあっちゅう間にいっちゃって、弟子の笑金君を残していくのは心残りやと思います」と早すぎる死を悼んだ。

 多くの人に愛された巨漢の落語家の噺を聴くことはもうできない。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「月亭八方」のニュース

次に読みたい関連記事「月亭八方」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桂文珍」のニュース

次に読みたい関連記事「桂文珍」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。