【デストロイヤーさん追悼大会】みのるVS諏訪魔 9年ぶり対戦で遺恨さらに深まる

【デストロイヤーさん追悼大会】みのるVS諏訪魔 9年ぶり対戦で遺恨さらに深まる
拡大する(全1枚)
遺恨がさらに深まったみのると諏訪魔

 3月7日に亡くなった白覆面の魔王ことザ・デストロイヤーさん(享年88=本名リチャード・ベイヤー)の追悼大会が15日に東京・大田区総合体育館で開催され、セミでは性悪王こと鈴木みのる(51)と全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(42)が、約9年ぶりにタッグ戦で激突した。

 両者の遺恨はかなり根深い。諏訪魔は2004年10月に全日本でプロレスデビュー。一度は悪の色に染まるも、4年後の08年からは王道マットを変えるべく、新世代の旗手として奮闘を続けていた。そこへ風のようにフラリと現れて王道マットに初参戦し、全てを破壊したのがみのるだった。

 最後の対戦となった10年8月29日両国国技館大会では、諏訪魔が当時王者だったみのるから3冠ヘビー級王座を奪還。その後、みのるは再び風のように全日マットを後にして、新日本プロレスに戦場を移している。遺恨はそのまま闇に葬られて永遠に接点はないと思われていたが、諏訪魔が今回の追悼大会を決戦の場に指定したことで、まさかの遺恨決着戦が実現した。

 試合前から異様なまでの殺気を放って周囲に誰一人として寄せつけなかったみのるは、通路で私語を続けモラルすら知らない一部マスコミを恫喝。殺伐さをリングに持ち込んで諏訪魔の登場を待った。みのるはデビューから全日本一筋を貫く太陽ケア、諏訪魔はW―1の近藤修司を従えてリングインした。

 開始からみのると諏訪魔が火花を散らす。お互いがコーナーに押し込んでのエルボー合戦。髪の毛をつかみ合って罵倒し合うなど、とても50歳と40歳を過ぎた大人同士とは思えない攻防を展開する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

鈴木みのるのプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鈴木みのる」に関する記事

「鈴木みのる」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鈴木みのる」の記事

次に読みたい「鈴木みのる」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク