【ジャパンカップ】友道厩舎 怒涛の5頭出しの序列はいかに

【ジャパンカップ】友道厩舎 怒涛の5頭出しの序列はいかに
1週前追い切りでは(左から)エタリオウ、シュヴァルグラン、マカヒキが3頭併せで追い切られた

ジャパンカップ(日曜=24日、東京芝2400メートル)関西本紙松波記者のジャッジ】第39回ジャパンカップで異彩を放つのが管理馬を大挙5頭出走させる友道康夫厩舎。中・長距離路線での存在感は日本一と言えるほどで、この5頭以外にも今年の菊花賞馬ワールドプレミアも在籍する。隆盛を誇るその秘密を探るとともに、同厩舎担当で西主場本紙の任にある松浪大樹記者が今回の5頭を鋭くジャッジする。これがこのレースの最大のキーポイント? 一昨年のJCで5番人気のシュヴァルグランに◎を打った同記者の序列はいかに…。

 ダービーを勝つことが最大の名誉とするならば、ダービーを勝てる可能性のある馬を預託してもらうことが重要だ。現在、友道厩舎には2頭のダービー馬が在籍し、来年のダービー候補もいる。連鎖して今後もダービーを狙う、狙える馬が入厩してくるだろう。

「適性などを理由に、距離の限界がきてしまう馬はいます。でも、それ以外の馬に関しては距離の融通性を持たせるように心掛けてますね。外側から厩舎を見ているオーナーの方々にそれが伝わり、クラシックで戦える素養を持った馬が集まっているのであれば、それは非常に喜ばしいこと」と大江助手。そして、その好循環は今回のJC5頭出しという偉業につながってくる。

 ダービーを勝つために集められた馬たちなら、東京芝2400メートルのGIに適性があって当然で実際に2頭(マカヒキワグネリアン)がダービーを勝ち、シュヴァルグランは一昨年のJC覇者。もちろん、前哨戦なら使い分けているところだが、頂点のGIは避けることのできないレースだ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。