影響を受けたのはノムさん、栗山監督ら…稲葉采配の源流をたどる

影響を受けたのはノムさん、栗山監督ら…稲葉采配の源流をたどる
入団1年目の1995年に秋季キャンプで野村監督の指導を受ける稲葉(右)

【赤坂英一 赤ペン!!】「第2回プレミア12」で侍ジャパンが“世界一”を達成した。これで思い出したのが、稲葉監督が選手を引退した2014年、将来どんな指導者になりたいかと聞いたことである。「ボクが仕えた様々な監督の長所を生かせれば」と、当時の稲葉は詳しく答えてくれた。

 稲葉がヤクルトに入団した1995年、最初の監督は野村克也氏。常に「上から目線」で見下ろされて、たまに声をかけられたらボロカスにけなされたという。「でも、だからこそ、このオヤジに自分を認めさせてやろうと必死になって努力することができた」そうだ。

 この時代に学んだID野球が05年に移籍した日本ハムで生きた。稲葉は当時メジャー挑戦を目指してFA宣言したが、米国からオファーがなく、三沢今朝治球団社長補佐に拾われて日本ハムに移籍している。

 当時のパはセへの対抗意識が強く、稲葉も当初は生え抜きの選手たちとの間に壁を感じ、チームになかなか溶け込めなかったそうだ。そんな中、稲葉は独力でパ投手陣のデータを収集し、研究に研究を重ね、打撃で結果を出したのである。

 このころ、日本ハムで最初に相談相手になったのが、現在の侍ジャパンのヘッドコーチ・金子誠だ。後に稲葉がチームリーダーとなり、「ミスター北海道」とまで言われるようになった裏側には、「金子という一番の理解者がいたからこそ」と稲葉は強調していた。

 日本ハムで仕えた監督はトレイ・ヒルマン、梨田昌孝氏、現在の栗山英樹監督の3人。彼らはノムさんと違って、いつも友達感覚で気さくに接してくれたという。


東スポWebの記事をもっと見る 2019年11月20日の野球記事
「影響を受けたのはノムさん、栗山監督ら…稲葉采配の源流をたどる」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    次の日ハム監督は彼です。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「野村克也 + 監督」のおすすめ記事

「野村克也 + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「桑田真澄」のニュース

次に読みたい関連記事「桑田真澄」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュース

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。