暴言で厳重注意処分のゴルファー・笠りつこが涙の謝罪 「死ね」発言認める

記事まとめ

  • 日本女子プロゴルフ協会から厳重注意などの処分を受けた笠りつ子が、謝罪。
  • 目に涙を浮かべて報道陣の前に姿を見せた笠は、暴言報道を事実と認めた。
  • 10月の「マスターズGCレディース」で、コース関係者に「死ね」と発言したという。

暴言ゴルファー笠りつ子が涙の謝罪 「死ね」発言認める

暴言ゴルファー笠りつ子が涙の謝罪 「死ね」発言認める
暴言騒動を謝罪した笠りつ子

 10月の「マスターズGCレディース」でコース関係者に暴言を吐き、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)から厳重注意などの処分を受けた笠りつ子(32=京セラ)が19日、「大王製紙エリエールレディス」(21日~)の会場であるエリエールGC松山(愛媛)を訪れ、騒動後初めて公の場で謝罪した。

 目に涙を浮かべて報道陣の前に姿を見せた笠は大会主催者、LPGA、選手、ファンに対し「私の不適切な発言で、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と謝罪。「暴言は報道にされている通り?」との質問に「はい」と答え、コース関係者との5分ほどのやりとりの最後に「死ね」などの発言があったことを認めた。

 LPGAの処分が決まったことを受け、17日に主催の延田グループ、開催コースに足を運び、改めて謝罪。笠の関係者によれば「『来年お待ちしています』という趣旨の言葉を頂いた」という。

 笠は「今はゴルフに対する気力がなくなってしまっている」として年内のトーナメント出場、各種イベントへの参加を自粛。来季の復帰については「気持ちが100%になれたら」と話した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年11月19日のゴルフ記事
「暴言ゴルファー笠りつ子が涙の謝罪 「死ね」発言認める」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    スポーツ関係の人って、目下とみなした人に対してはみんなこんな感じの態度だよ。だから運動選手は嫌い。日本は特にひどいのかもしれないが。フランス柔道にはいじめが無いらしい。

    2
  • 匿名さん 通報

    日本人として一番嫌なのが、体育会系の理不尽な命令を聞く奴が偉いとされること。ドイツ人は上司の命令が間違っていたら軍隊内でも部下が反論する。第二次大戦中はそうだった。

    2
  • 匿名さん 通報

    馬鹿ウヨは日本の欠点を言われると「気に入らなければ日本を出て行け」と言う。日本はお前個人の所有物では無いし、お前の言うことお聞いていたら日本は1mmも良くならない。バーカ 笑

    0
  • とみ〜さん 通報

    これを機にまたいい試合に望んで下さいm(_ _)m応援してますm(_ _)m

    0
  • 匿名さん 通報

    「死ね」 この言葉の隠語は何か? 親らしく、もっと頑張れと言う意味で子供達が良く親に対して使う言葉。子供達が普段何気なく使う言葉には隠語と言うものが多くあります。笠さんが隠語を知ってたかどうかは別に。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。