【ジャパンカップ】ダンビュライト 浜田助手「もしかして…があるんじゃないか」

【ジャパンカップ】ダンビュライト 浜田助手「もしかして…があるんじゃないか」
馬房から運動に出るダンビュライト。最大の穴馬になれるか!?

ジャパンカップ(日曜=24日、東京芝2400メートル)栗東トレセン発秘話】香港情勢が不透明にもかかわらず、遠征回避を選択する日本馬は出ていない。本当に開催されるのか? また中止になった場合は「翌日の月曜か、もしくは次週の日曜に順延するらしい」なんて噂も出てきている。

 そうなった場合、朝日杯FSとバッティングするジョッキーはどちらを選択する? そんな余計な心配をするくらいなら「いっそのこと、阪神競馬場で香港の4競走をやったらいいのに…」なんてムチャクチャなことを言い出す関係者まで出てくる始末だ。

 まあ、確かに阪神での開催は魅力だよな…と感じてしまうのは「国際招待」と派手にうたっておきながら、外国の関係者に見向きもされなくなってしまったジャパンCの現状が影響しているのかもしれない。

 他の記者がどう考えているかは知らないが、東京競馬場の近辺で青春時代を過ごした記者にとって、ジャパンCこそが日本競馬の最高峰であり、ジャパンCの公開調教は年に一度の楽しみでもあった。それがどうしてこんな状況になってしまったのか?

 確かに日本の馬場は硬過ぎるのかもしれないし、日本馬は強過ぎるのかもしれない。しかし、アーモンドアイが出走する香港C、ディアドラなどが出走する香港ヴァーズに比べたら、今年はジャパンCのほうがチャンスは大きいように思える。それでも日本馬は海を渡り、外国馬はやって来ない。香港情勢の不確かな今年は、米国のブリーダーズC、もしくはメルボルンCなどの豪州競馬で打ち止め。欧州勢の多くはそう考えてもいるようだ。なぜだろう? 日本はこんなにもセーフティーなのに…。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年11月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。