【フィギュアNHK杯】羽生SP首位発進でふっ跳ぱした!織田ショック

【フィギュアNHK杯】羽生SP首位発進でふっ跳ぱした!織田ショック
圧巻の演技で首位発進の羽生

 フィギュアスケート界を襲った“織田ショック”を絶対王者が救った。グランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯(札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)で、五輪2連覇の羽生結弦(24=ANA)が躍動した。札幌市内は“ゆづ人気”でお祭り騒ぎの一方、大会直前には降って湧いた「モラハラ騒動」でフィギュア界は最悪の雰囲気。独り歩きした“ある発言”が業界関係者を大激怒させたが、それを見事に払拭したのが千両役者の羽生だった。ただならぬ裏舞台を詳報する――。

 困った時の羽生頼み。そんな格言を感じさせる安堵の空気がフィギュア界に広がっている。

 今大会前に、関西大学のアイススケート部元監督でプロスケーターの織田信成氏(32)がモラハラ行為を受けたとして1100万円の損害賠償を求めて提訴。その相手が今大会出場の紀平梨花(17=関大KFSC)のコーチ、浜田美栄氏(60)だから穏やかでない。前代未聞の指導者同士の訴訟問題。それも監督がコーチから無視や嫌がらせを受けたとし、涙ながらに会見したのだから衝撃が走るのは当然だ。

 開幕前日は必然的に浜田コーチに異様な注目が集まり、日本スケート連盟サイドも対応に困った。一部関係者からは「何もこんな時期に提訴しなくても」と疑問視する声が上がったが、中でも織田氏の「フィギュアスケート界の悪癖へ一石を投じる思い」の発言にはブチ切れた者もいる。浜田コーチ、織田氏をよく知る関係者は本紙にこう漏らした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フィギュアスケート 女子
東スポWebの記事をもっと見る 2019年11月23日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。