巨人・陽岱鋼 現状維持3億円更改も求められる“費用対効果”

       

 かつての輝きを取り戻せるか――巨人・陽岱鋼外野手(32)が26日、契約更改に臨んだ。来季は複数年契約(5年)の4年目にあたり、年俸も現状維持の3億円だったが、求められるのはその“費用対効果”だろう。

 今季は巨人移籍後最多の110試合に出場。思い切りのいい打撃は健在も途中出場や代打がメインだった。FAで丸が加入、ベテラン・亀井が1番に定着したこともあり、スタメンでの出場は減少の一途となっている。

「やっぱりレギュラーで出ないといけない。今年は悔しいシーズン。(来年は)自主トレからキャンプまでしっかりやって、遠慮なく取り組みたい」と振り返った陽は、走り込みとウエートを中心に、柔軟性のあるケガのない体作りで来季に備えたいとした。

 また、台湾代表として東京五輪についても問われたが「五輪は大きい大会だし、スポーツ選手の夢でもある」と意欲を見せながらも「(最終予選時は)シーズン中だから、何も言えない」と語るにとどめた。まずは外野争いに何としてでも食い込みたい構えだ。

 なお、石川慎吾外野手は300万円アップの2400万円、立岡宗一郎外野手は400万円ダウンの2000万円でサインした。

(金額はいずれも推定)

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。