【ラグビー】SR・サンウルブズが大学生を抜てき

 2020年シーズン限りでスーパーラグビー(SR)から撤退する日本チーム、サンウルブズが引き続き日本代表強化を担っていく。

 SR開幕戦(来年2月1日)に臨む第1次メンバー15人を発表。今季はトップリーグ(TL=同1月12日開幕)と日程が重複するため、リーチ・マイケル(31=東芝)らW杯メンバーはもちろん、TL所属選手も選出されなかった。サンウルブズの渡瀬裕司最高経営責任者(56)は「W杯でハードワークした選手は肉体的にも精神的にも疲弊しており、難しい」と厳しい表情で語った。

 日本人のトップ選手が不在という異常事態となったが、次回のフランスW杯を見据えた若手強化も狙いだ。実際に、早大のSH斎藤直人(22)やトンガ出身で日本代表入りを希望している天理大のCTBシオサイア・フィフィタ(20)が抜てきされた。大久保直弥ヘッドコーチ(HC=44)も「ここから次のW杯、未来に向けてスタートする」と力説した。今後もイキのいい若手が、サンウルブズに追加招集される見通し。世界基準でもまれて大化けする選手が現れるか。 

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事をもっと見る

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ラグビー W杯
  2. ラグビー 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。