シュヴァルグラン有馬記念で引退 友道調教師「活躍馬をたくさん出すことを期待」

シュヴァルグラン有馬記念で引退 友道調教師「活躍馬をたくさん出すことを期待」
2017年のジャパンCを制したシュヴァルグラン

 2017年のジャパンCを制したシュヴァルグラン(牡7・友道)は12月22日に行われるGI有馬記念(中山芝内2500メートル)を最後に引退し、北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬になることが分かった。28日、管理する友道調教師が発表した。

 友道調教師「ケガをすることもなく丈夫な馬で、海外遠征でも頑張ってくれました。その丈夫さが子供たちにも遺伝して、活躍馬をたくさん出すことを期待しています。ラストランとなる有馬記念でもいい走りをお見せしたいと思います」

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「シュヴァルグラン + 追い切り」のおすすめ記事

「シュヴァルグラン + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

「シュヴァルグラン + 引退」のおすすめ記事

「シュヴァルグラン + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュース

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. シュヴァルグラン 引退
  2. シュヴァルグラン 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。