【チャンピオンズC・後記】新砂王「クリソベリル時代」到来 川田「もっと強くなる馬だと思います」

【チャンピオンズC・後記】新砂王「クリソベリル時代」到来 川田「もっと強くなる馬だと思います」
先輩GI馬の間を割って見事にチャンピオンズCを制したクリソベリル(中)

 1日、中京競馬場で行われたダートの頂上決戦・GI第20回チャンピオンズカップ(1800メートル)を制したのは超新星クリソベリル(牡3・音無)。無傷の6連勝での戴冠は、底知れぬ強さとスケールの大きさを示すに十分な内容だった。まさに新時代の到来。興奮冷めやらぬレース後の検量室取材から、同馬の今後の可能性を探る。

 デビューから無傷の5連勝で中央のGIに初参戦。その勢いで旧勢力も一気に制圧してしまうのか? 戦前から3歳馬クリソベリルの“真価”を問う一戦とも思われた今年のチャンピオンズC。期待値込みで1番人気の見立てもあったが、実際は一昨年の覇者ゴールドドリームに1番人気を譲り、2番手評価。裏付けのない持ち時計、恵まれた相手関係などがその理由で、音無調教師でさえも「みなさんが不安点ばかり挙げるもんだから、こちらも大丈夫かなと不安になっていたんだ」と苦笑交じりに振り返る。

 では実際、レースを同師はどのように感じたのか。「見た目にはね、今日は負けたかと思ったんですよ。というのもこれまでは早めに外へ出して長く脚を使うことで勝ってきた馬。それが内でレースを進めて追い出すのも遅くなった。直線で3頭並んだところを真ん中から抜け出して、こんな競馬もできるんだと改めて感心したんですよ」

 想定外の競馬で、さらなる進化を遂げた末のGI制覇だった。

 武豊=インティの絶妙のペースでの逃げ。その直後につける絶好位で盤石なレース運びかと思われたが、マイペースで逃げたGI馬の脚色はなかなか鈍らず、外からは早めに仕掛けるルメール=ゴールドドリームの強襲。真の実力がなければ、まさに大ピンチの直線3頭の追い比べだった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中京競馬場 + イベント」のおすすめ記事

「中京競馬場 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福島競馬場」のニュース

次に読みたい関連記事「福島競馬場」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 中京競馬場 イベント

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。