男女サッカー日韓激突で早くも厳戒 元徴用工、輸出規制、GSOMIA…これまでにない不穏ムード

男女サッカー日韓激突で早くも厳戒 元徴用工、輸出規制、GSOMIA…これまでにない不穏ムード
森保ジャパンは大丈夫なのか
       

 森保ジャパンは大丈夫なのか。男女のサッカー日本代表が臨む東アジアE-1選手権(韓国・釜山)は10日に開幕する。日韓関係が悪化の一途をたどる中で敵地に乗り込むが、なでしこジャパンが17日、森保ジャパンが18日に開催国と激突する“伝統の一戦”は早くも一触即発ムード。過去に何度も衝突しただけに、関係各所は不測の事態に備えて厳戒態勢を整えるなど、ピッチ内外で緊張感が高まっている。

 日の丸イレブンがいよいよ韓国に乗り込む。これまでも激しいバトルを繰り広げてきた日韓戦は常に意地の張り合いとなり、反則スレスレの“激突”は不可避。熱戦になるのは間違いない。また、ピッチ外でも熱狂するサポーターの言動が大きなトラブルを巻き起こすなど、ヒートアップしてきた。

 しかし、今大会はこれまで以上に不穏なムードが漂っている。というのも元徴用工問題、輸出規制、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)など日韓両政府の間には問題が山積。それに伴って国民の間にも感情的な対立が深まっており、韓国からの訪日客が激減するなど両国間の関係は“最悪化”しているからだ。

 日本の外務省も「特に日本関連施設やその周辺を訪問する際には、不測の事態等に巻き込まれないよう、周囲の状況に注意を払うようにしてください」と呼びかけている。実際、8月末から9月にかけて行われた野球のU18W杯では、渡韓する際に日本代表の選手やスタッフが「JAPAN」のロゴや日の丸のエンブレムがついていないポロシャツを着用する異例の措置も取られたように、緊迫した状況が続いている。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月5日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。