【カペラS・後記】女性騎手初の重賞V!菜七子とコパノキッキングのコンビ継続は?

【カペラS・後記】女性騎手初の重賞V!菜七子とコパノキッキングのコンビ継続は?
待望のJRA重賞初制覇に菜七子は笑顔全開

 8日に中山競馬場で行われたGIIIカペラS(ダート1200メートル)は、藤田菜七子騎乗の2番人気コパノキッキング(セン4・村山)が直線で豪快に抜け出して勝利。菜七子はJRA女性騎手として初となるJRA重賞制覇を達成した。いくつもの試練をともに乗り越えて生まれた信頼があったからこその栄冠…圧勝したコンビの進化と成長ぶりに迫る。

 好スタートを切ったものの内からゴールドクイーン、外からレッドアネラが先手を主張。それでも「ゴールドクイーンの番手で競馬をしたいと思っていましたが、周りの馬が速くて5番手くらいに…。でも落ち着いて乗れました」との言葉通り、菜七子=コパノキッキングは競り合いに参加せず、スッと好位に下げる。同馬も反抗することなく菜七子の指示に従う。その後はストレスのかかりにくい外めへ誘導した菜七子。道中をスムーズに追走できたことが最大の好プレーだ。この時点でほぼ勝負あり。直線では58キロの酷量をものともせず、豪快な伸び脚を駆使。前走(JBCスプリント=2着)のように強襲する馬はいないどころか、後続勢を突き放す圧勝劇となった。

 ゴール後、Dr.コパこと小林祥晃オーナーと喜びを分かち合った菜七子は「この一年、いい結果が出せない時もありましたが、それでもずっと乗せ続けてもらえて結果を出すことができました。オーナーや関係者に感謝したい。キッキングにもありがとう、という思いです」。プレッシャーから解放された安堵の表情とともに感謝の言葉があふれていた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「阪神競馬場」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神競馬場」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。