ソフトバンク・和田 打高投低に一石投じる査定革命

ソフトバンク・和田 打高投低に一石投じる査定革命
契約更改交渉で一石を投じた和田

 戦いの場はマウンド上だけではない。ソフトバンクの和田毅投手(38)が9日に契約更改交渉の席上で投手陣の兄貴分として査定法の改善を提言した。球界全体で打高投低が進んでいる現状を憂慮したもので、場合によっては他球団の契約更改にも影響を及ぼすかもしれない。

 ベテラン左腕・和田は現状維持の年俸1億円プラス出来高払いでサインした。今季は左肩痛から復帰して4勝をマーク。日本シリーズでは5回1安打無失点の好投で完全復活を印象付けた。球団からは「何歳まで和田投手がやっていけるのか見てみたい」と言われ「うれしい言葉でした。一年でも長く第一線でやれるように頑張りたい」と決意を新たにした。

 交渉の席では球界全体が打高投低になっている現状を疑問視し、投手陣の兄貴分として「総得点数も上がってきている。野球のルール的にも投手が不利になっていっている傾向もある。(ヤフオクドームの)ホームランテラスもそうだし、ZOZOマリンも狭くなった。以前だったら左飛の当たりが本塁打になることもある」と球団側に査定の改善も提案した。

 その上で、和田は「野手の査定は(ホームランテラスへの本塁打で)プラスになるが、投手はマイナスになるリスクがある。昔と今では(投手の査定の)ポイントの価値が違うと思う。投手の評価を高く見てもらってもいいんじゃないか」とも訴えた。

 これに球団の反応はどうか。和田は昨年も契約更改の場で夏場に猛暑となる筑後のファーム施設への対策を提言し、球団側も大いに参考にして本格的に動いている。今回もむしろ選手側の十分に理解できる意見として大歓迎だという。球団フロントの一人は「こういうところはさすが。言ってしまえば自分とはほとんど関係ないことですからね。ただ、投手陣には少なからずそういう空気もあるのでしょう。その思いをこうやって代弁して提案という形にしていることに意義がある」と話した。

 近年では東京ドームや横浜スタジアムのようにファウルグラウンドだったエリアに座席を増設する傾向もあり、アウトカウントを稼ぎづらくなっている。狭くなる球場に苦しんでいるのは鷹投ばかりではない。和田が一石を投じたことで、他球団の投手から同様の意見が噴出する可能性もありそうだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。