籾木結花 なでしこ新10番の決意

籾木結花 なでしこ新10番の決意
「10番」の大役を担うMF籾木結花(ロイター=USA TODAY Sports)

【韓国・釜山発】なでしこの栄光のエースナンバーを継ぐ新星が決意表明だ。東アジアE―1選手権(10日開幕、韓国)に臨むなでしこジャパンで注目を集めるのが、公式戦で初めて「10番」の大役を担うMF籾木結花(23=日テレ)だ。東京五輪に向けて大抜てきされた司令塔は、あのレジェンドを模範にして背番号10の理想像を追い求める。

 その時代の日本を代表する選手たちが背負ってきた栄光の「10番」。籾木は今夏のフランスW杯後、かつて同じく10番を背負った高倉麻子監督(51)から指名を受けた。東京五輪前最後の公式戦で誰もが夢見る大役に抜てきされた今、その重責をどう受け止めているのか。

 籾木 やっぱりなでしこの10番というのは、本当に皆さん誰もが分かるような選手がつけてきた番号。それを自分がつけることには、それだけの責任がある。皆さんからの期待や評価は、自分が思っている以上に番号で評価されていることがある。そこは番号が変わるからこその変化と感じる。ピッチで突き詰めたことの結果が、10番としての評価につながれば。

 なでしこジャパンの10番といえば、やはりMF澤穂希だろう。日本が劇的Vを成し遂げ“なでしこフィーバー”を巻き起こした2011年ドイツW杯を始め、銀メダルを獲得した12年のロンドン五輪、準優勝した15年のカナダW杯と数々の大舞台で輝いてきた。その後、大役に抜てきされた前任者が、日テレでともにプレーするMF阪口夢穂(32)。この2人に対する思いは特別だ。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。