【プロレス大賞】オカダ・カズチカ 貫禄のMVP&ベストバウト2冠「五輪に負けないぐらい盛り上げたい」

【プロレス大賞】オカダ・カズチカ 貫禄のMVP&ベストバウト2冠「五輪に負けないぐらい盛り上げたい」
MVPとベストバウトの2冠に輝いたオカダ

 今年で46回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2019年度プロレス大賞」選考委員会が10日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社で行われ、最優秀選手賞は新日本プロレスのオカダ・カズチカ(32)が4年ぶり4度目の受賞を果たした。また年間最高試合(ベストバウト)は新日本プロレスの10月14日の東京・両国国技館大会で行われたIWGPヘビー級選手権、オカダVSSANADA(31)が選出された。授賞式は来年1月16日に都内のホテルで行われる。

 MVP候補にはオカダ、飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイ、宮原健斗(全日本プロレス)の5人の名前が挙がった。その中でも、オカダの支持率は圧倒的。1回目の投票で22票中15票を集め、見事に4年ぶりのMVP返り咲きを果たした。

 文字通りの主役であり続けた。3月の「NEW JAPAN CUP」を制すると、4月にプロレスの殿堂マジソンスクエア・ガーデン(米国・ニューヨーク州)でジェイからIWGP王座を奪還。6月の大阪大会ではクリス・ジェリコを退けるなど、国内外のビッグマッチで激闘を繰り広げ4度の防衛に成功した。

 海外大会での実績やメディア露出をはじめとした世間へのプロレスの発信など、業界への貢献度は選考委員からも「別格」との評価を得た。

 32歳の若さにして4度目のMVPは6度のアントニオ猪木に次ぐ歴代2位。天龍源一郎、武藤敬司、棚橋弘至に肩を並べた格好だ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「空手」のニュース

次に読みたい関連記事「空手」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。