14年ぶり西武・松坂「アンチ」との戦い 「家族を守るために」反論の場はマウンドだけ

14年ぶり西武・松坂「アンチ」との戦い 「家族を守るために」反論の場はマウンドだけ
久しぶりに西武のユニホームに袖を通した松坂。左は渡辺GM

 14年ぶりに「西武の松坂」が帰ってきた。前中日の松坂大輔投手(39)が11日に都内ホテルで西武と正式契約。「家に帰ってきた感覚」「野球が好きだという気持ちを表現するだけの場を与えてくれたライオンズに感謝している」と帰るべき場所に戻れた喜びを表現した。一方では「期待されていない方のほうが多いと思う。それを少しでも覆せるようにやっていきたい」とも…。この発言の裏にはどんな思いがあったのか。

 高卒入団後の3年間で3年連続最多勝の計45勝27敗。在籍8年間で6度の14勝以上を含む計108勝(60敗)を挙げた西武のレジェンドが、17年の辻監督、18年の松井稼二軍監督らに続いて、ついに帰還した。

 松坂は「すぐに声をかけていただいたのがライオンズだったので何も迷うことはなかった」「やっぱりライオンズに戻ってこられるというのは、何というんですかね。家に帰ってきた感覚」「あまり大きなことは言えないですけどリーグ3連覇、そして惜しいところで届いていない日本一のために少しでも力になれるようにやっていきたい」と古巣復帰の喜びと、野球人生の集大成として再起にかける思いを語った。

 その一方で、テレビカメラ15台、100人を超える報道陣が集結した会見の状況に「正直、僕としては記者会見を開くのも申し訳ないと思って、ここに出てきました」と恐縮。「今年(中日で)何もやっていないので…。期待されていない方が多いと思いますが、それを少しでも覆せるようにやっていきたいと思います」「周りは無理だという人が多いと思いますが、自分自身が諦めることはしたくない。諦めず200(勝)という数字を目指してやっていきたい」と、常に批判の材料探しに目を光らせる“アンチ勢力”を刺激しないよう慎重に言葉を選びながら、等身大の抱負を語ってもいた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。