海を愛した梅宮辰夫さん 真鶴漁港の市場関係者「気さくな方でした」

海を愛した梅宮辰夫さん 真鶴漁港の市場関係者「気さくな方でした」
本紙のインタビューにも幾度となく登場した梅宮さん

 映画「不良番長」や「仁義なき戦い」シリーズなどで人気を博した俳優の梅宮辰夫さんが12日午前7時40分、慢性腎不全のため死去した。81歳だった。6度のがんに見舞われるも、屈することなく、芸能界の「辰兄(たつにい)」として存在感を放ってきた。晩年はバラエティーでも活躍。お笑いトリオロバート秋山竜次(41)の「体モノマネ」にお墨付きを与える懐の深さを見せた。2017年1月に亡くなった“盟友”松方弘樹さん(享年74)に続き、また昭和の大スターがこの世を去った――。

 梅宮さんは昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受け、週に3回透析治療を受けていた。昨日まで普段通りの生活をしていたが、この日の午前4時過ぎにクラウディア夫人(75)が異変に気付き119番。神奈川県内の病院に救急搬送されたが、帰らぬ人となった。

 関係者によると、病院では長女でタレントの海宮アンナ(47)が到着するまで「頑張って!」と声を掛け、アンナが到着して間もなく息を引き取ったという。

 梅宮さんは日本大学在学中の1958年に東映ニューフェイス5期生に合格。翌年に映画「少年探偵団 敵は原子潜航艇」で俳優デビューした。

 68年から映画「不良番長シリーズ」の主役として人気となり、73年に映画「仁義なき戦い」で不動の地位を確立。その後もドラマ「前略おふくろ様」(日本テレビ)や「スクール☆ウォーズ」(TBS)、「特命係長 只野仁」(テレビ朝日)などに出演し、公私ともに親分肌の役柄で人気を博した。


あわせて読みたい

梅宮辰夫のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小泉今日子」のニュース

次に読みたい関連記事「小泉今日子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュース

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 梅宮辰夫 怪我

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。