【レスリング全日本選手権】東京五輪決定の乙黒拓 兄弟揃っての優勝に喜び

 レスリングの全日本選手権(駒沢体育館)で22日、男子フリー65キロ級で昨年世界王者の乙黒拓斗(21=山梨学院大)が優勝し、東京五輪代表に決定した。9月の世界選手権で5位に入賞し五輪出場枠を獲得しており、今大会優勝が代表決定の条件だった。

 同74キロ級では兄・圭祐(23=自衛隊)が優勝。世界5位で出場枠を獲得しながら今大会初戦で敗れた奥井真生(24=同)と、五輪代表決定プレーオフ(2月)で対戦する。乙黒拓は「一年で一番大きな国内大会で兄弟揃って優勝できてうれしい。自分が兄を支えられるところがあればやっていきたい」と共闘を誓った。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク