ライガー「引退後もマスクつけます。いまさら素顔になれないだろ~」

ライガー「引退後もマスクつけます。いまさら素顔になれないだろ~」
ライガーは「怒り」を持って東京ドームのリングに立つ

獣神サンダー・ライガー平成ジュニア一代記(最終回)】新日プロレスの獣神サンダー・ライガーの引退試合(来年1月4、5日、東京ドーム)が迫ってきた。4日大会では藤波辰爾、ザ・グレート・サスケ、タイガーマスクと組み、佐野直喜、大谷晋二郎、高岩竜一、田口隆祐組と対戦。5日大会では佐野と組み、高橋ヒロム、リュウ・リー組と激突する。ライガーが半生を振り返る短期集中連載「平成ジュニア一代記」最終回は、ラストマッチと引退後について語る。

 1・4では僕と関わりが深い人たちが揃いましたね。藤波さんはこの世界に飛び込むきっかけだったし、大谷、高岩たちがいたからこそ1990年代の盛り上がりがあった。エル・サムライも小林邦昭さんもセコンドで来てくれる。

 湿っぽくやるのは嫌だから、そういう人たちと華やかにやれるのは本当に感謝ですよ。世代や団体を超えたジュニアオールスター戦のよう…なんだけど、考えたらみんな新日なんだよな! この試合は新日ジュニアの歴史だと思ってもらっていいんじゃないかな。

 1・5はライガーを確立してくれた佐野さんと組んで、ヒロム、リュウ・リーとのラストマッチ。ヒロムは新しいジュニアを引っ張っていく人間だと思うし、本音を言えば「あとはもう俺じゃない。お前が頑張れよ」と言って引退したい。でもその期待に応えられるかは、本当にあいつ次第。

 何十年もプロレスをやってきて、いろんなことを言う人、いっぱいいましたよ。いいんです、言わせておいて。でもリングに上がる人間が「新日本プロレスとは?」と聞かれたなら「戦いなんだ」と。これは(アントニオ)猪木さんが言ってきたこと。怒りを忘れちゃダメ。最後まで僕はそれで上がるつもりです。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「棚橋弘至」のニュース

次に読みたい関連記事「棚橋弘至」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中西学」のニュース

次に読みたい関連記事「中西学」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木みのる」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木みのる」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。