【新日1・5東京ドーム】内藤がオカダ破り2冠王に 試合後はKENTA乱入で最悪事態に

【新日1・5東京ドーム】内藤がオカダ破り2冠王に 試合後はKENTA乱入で最悪事態に
内藤哲也(下)を襲撃したKENTA

 制御不能男が歴史に名を刻んだ! 新日プロレスの年間最大興行「レッスルキングダム14」(5日、東京ドーム)のメインで、IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル(IC)ダブル選手権が行われ、IC王者・内藤哲也(37)がIWGP王者オカダ・カズチカ(32)を撃破し、史上初の2冠王に輝いた。 

 無冠で臨んだ東京ドーム2連戦で、一気に2本のベルトを手にした。前夜はジェイ・ホワイト(27)を破ってIC王座を奪取。2冠戦の舞台に駒を進めた。相手は前夜に飯伏幸太(37)を下してV5に成功したオカダだ。地鳴りのような大歓声に包まれ、白いガウン、白いスーツに身を包んだ内藤は、ファンの期待を一身に背負ってリングに立った。

 序盤は王者ペースで進んだ。だが内藤も負けていない。オカダの首に狙いを定め、ダメージを与えていった。中盤で内藤は、放送席のテーブルにニークラッシャーで叩きつけられ、爆弾を抱える左ヒザに大ダメージを負った。場外カウント19で何とかリングに戻るも、ここからミサイルキック、ジャーマンで追撃された。

 雪崩式のリバースフランケンシュタイナーで一矢を報いるや、浴びせ蹴りから、デスティーノを発射。ヒザ立ちでのエルボー合戦でも一歩も引かなかった。王者のツームストーンパイルドライバーでピンチを迎えても、レインメーカーをデスティーノで逆転。スターダストプレスから、最後は渾身のデスティーンで3カウントを奪った。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。