【テニス】ブリスベン国際 大坂なおみ準決敗退もフィセッテ新コーチの凄テクの瞬間

 女子テニス世界ランキング4位の大坂なおみ(22=日清食品)が連覇を狙う4大大会第1戦の全豪オープン(20日開幕)を前に上々の手応えだ。前哨戦のブリスベン国際(オーストラリア)は準決勝(11日)で同2位カロリナ・プリスコバ(27=チェコ)に激闘の末に敗れたものの、新コーチのウィム・フィセッテ氏(39=ベルギー)によるメンタルコーチングがズバリ的中。同氏はデータ派と言われるも、激情的な女性を懐柔する手腕はかつての“あのコーチ”に匹敵するようで…。

 大坂の卓越したフィジカルはもはや文句のつけようがないが、いまだに指摘されるのがメンタル面だ。試合中のイライラ、ラケット投げは頻繁に見られ、劣勢になると明らかに表情に出てしまう。

 だが新コーチを擁する今大会は少し違う。2時間48分の大激戦となった準決勝のプリスコバ戦は敗戦後も晴れやか。フルセットの末に7―6(12―10)、6―7(3―7)、2―6と逆転負けを食らったが、試合後は「第1、2セットは4大大会の決勝のような戦いで良かった。今日も多くのことを学べた」と収穫すら口にした。

 充実の裏にあるのがフィセッテ新コーチの手腕だ。本紙は同コーチ就任時に「激情型の女子選手を上手に操る“じゃじゃ馬ならし”」と報じたが、その象徴的シーンが準決勝で見られた。第2セットを奪われ、ファイナルセットで1―2とリードを許すと、フィセッテ氏はコートへ下りた。だが、ベンチでうなだれる大坂はなんと頭からタオルをすっぽりとかぶって完全シャットアウトのポーズを取ったのだ。会話拒否――。ピリピリしたムードとなったが、フィセッテ氏はまるでグズる子をあやすように優しい言葉をかけた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュース

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 大坂なおみ Instagram
  2. 大坂なおみ twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。