本紙評論家・伊勢氏が指摘「阪神ドラゴンズでもいいじゃないか」

本紙評論家・伊勢氏が指摘「阪神ドラゴンズでもいいじゃないか」
高山(右)を指導する井上コーチ

【新IDアナライザー 伊勢孝夫】今季の阪神は矢野監督、清水ヘッド、筒井コーチらに加え、井上一樹打撃コーチ(48)が新加入。山本昌氏も春季キャンプに臨時コーチで参加するなど「阪神ドラゴンズ」とやゆされるほど中日色が強まっている。特に井上コーチは“落合門下生”でもある。伝統の縦ジマに、外様コーチはどう接していけばいいのか…。本紙評論家の伊勢孝夫氏が自らの経験も踏まえ、注意点を指摘した。

 山本昌にしても井上にしても、秋季キャンプの評判はなかなか良かったと聞いている。山本昌に関してはあれだけの実績のある投手なので選手は敬意を表すだろうし、しっかりと話を聞くはずだ。山本昌もコーチ経験がないので選手としてやってきたことを素直に伝えていけばいい。私は藤浪が2桁勝てれば優勝もいけるとみている。左右の違いはあるし、力で押す藤浪と、配球とコントロールの山本昌ではタイプも違う。キャンプでそのあたりを藤浪がどう消化できるかだ。

 気をつけないといけないのは打撃を受け持つ井上だろう。外様コーチに対し、選手は「どんな指導をするのかな」「何を言ってくるのか」と思っている。手っ取り早いのは伸び悩んでいる選手にとことん付き合ってあげることだ。そうすることで周りの見る目も変わってくる。

 例えば高山を再生させたり、前任者の浜中ができなかったことをうまくやっていけば「このおっさん、おもろいな」「俺も話を聞きたい」というふうになる。伝統と人気のある阪神にセ・リーグのライバル球団から来たコーチが溶け込むのは時間がかかるかもしれないが、元同僚の福留という協力者がいるのは大きいだろう。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。