【日経新春杯】アフリカンゴールド陣営 本気度MAX「春は大阪杯、天皇賞に」

【日経新春杯】アフリカンゴールド陣営 本気度MAX「春は大阪杯、天皇賞に」
厩舎古馬陣のエース・アフリカンゴールド

【日経新春杯(日曜=19日、京都芝外2400メートル)栗東トレセン発秘話】古馬オープン・万葉S(6日)を楽勝したタガノディアマンテの祝福&今後のローテを聞くために厩舎を訪ねると、担当の佐藤助手から、こんな言葉を投げかけられた。

「今年の万葉Sに、いつもより頭数が揃った理由を知ってる?」

 前5年は13→11→12→9→9頭立てで推移していたことを思えば、確かに今年の15頭は大盛況。たまたま在厩していたオープンクラスの長距離砲が多かったから?

「今年から平地のオープンも重賞と同じように9、10着馬に出走奨励金が出るようになったからだよ」

 そんな規定変更を知らなかった自分を恥じた一方で、9着=1着本賞金の3%、10着=同2%の奨励金が、そこまで影響を及ぼすのだろうかと懐疑的にもなったが…。

「いや、みんな、こういうところはシビアに見てる。条件馬が多く出ていたのも、そういう面からだと思う」と説き伏せられた。

 となればだ。9、10着にも入れず、11着以下に負けた馬に入ってくる3(4)歳以上のGII(芝1800メートル以上)における特別出走奨励金(オープン馬=100万円、準オープン馬=50万円)目当ての出走も、いまだに少なくはないのかも。

 前置きが長くなった。GII日経新春杯は前述の理由で、本気度を読み解くことが重要。で、このレースにかける本気度MAXの陣営といえば…アフリカンゴールドの西園調教師に行き着いた。なにせ、今年の厩舎古馬陣のエースとしてトレーナーが大きな期待をかけており、現在の収得賞金2400万円という状況から、大舞台を狙うには直近での賞金加算が必須だからだ。

「春は大阪杯や天皇賞(春)に出したいと思っているし、ここでしっかり賞金を稼いでおきたいよね。去勢効果がようやく出てきて、馬が落ち着いてきたし、血統的にも晩成。今年が勝負の年だと思っているよ」

 当然ながら西園師の眼中に出走奨励金など一切なし。目指すは1着優勝賞金のみだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュース

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。