殿堂入り・田淵幸一氏 番記者が明かす敏腕プロデューサーの顔

殿堂入り・田淵幸一氏 番記者が明かす敏腕プロデューサーの顔
星野氏のレリーフの前で笑顔を見せる田淵氏

 野球殿堂博物館は14日に今年の殿堂入りのメンバーを発表し、競技者表彰のエキスパート表彰として阪神西武で活躍しダイエー(現ソフトバンク)で監督を務めた田淵幸一氏(73)が選ばれた。現役時は阪神のスター選手として注目を集め、西武への電撃トレードは大きな話題となった。引退後、指導者として多くの選手を育てた田淵氏には、本紙記者も何かとお世話に…。阪神コーチ時代に担当した番記者が、当時の秘話を明かした。

 忘れられない日がある。2002年2月12日。故星野仙一さんが阪神の監督に就任し、連日“闘将大フィーバー”が巻き起こっていた時だ。春季キャンプ地の高知・安芸市営球場に、なんと前年オフに巨人の監督を勇退したばかりのミスタープロ野球長嶋茂雄さんがやってきたのだ。田舎町の興奮は沸点に達した。

「ここには初めて来たけど、眼下に広がる太平洋が本当にきれいなキャンプ地だな」。長嶋さんはさっそく打撃ケージに足を運び、主力選手の片岡篤史、赤星憲広、和製4番候補の浜中治らを熱血指導。長嶋さんの阪神キャンプ視察は後にも先にもこの一度きりなのだが、その仕掛け人は実は星野内閣の一員・田淵幸一打撃コーチだった。

 さかのぼること2週間余り。キャンプ前のネタ集めに苦労していた私は、田淵さんが拠点としていた大阪市内のホテルに足を運んだ。ロビーに現れた田淵さんとあいさつを交わし、破れかぶれの直球を投げ込んだ。

「ミスターもユニホームを脱いだし、安芸に呼んだらどうですか」。あきれ顔でスルーされると思ったが、田淵さんはニヤリと笑みを浮かべ「オマエ、よくぞ聞いてくれたな」とばかりにグイと胸を張った。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。