ディズニー19年興収1兆2000億円!スター・ウォーズ最新作も1100億円超え

 昨年公開されたディズニー映画のうち、7作品が世界市場で興行収入10億ドル(約1100億円)超えを達成し、もともと同社が持っていた年間売り上げ記録を大きく更新した。先月封切られた「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が、公開28日目の14日に10億ドルを突破したことを受け、同社が発表した。

 同作より前に10億ドルを突破したのはスーパーヒーロー映画「キャプテン・マーベル」と「アベンジャーズ/エンドゲーム」、実写版「アラジン」と「ライオン・キング」、ピクサーの「トイ・ストーリー4」、ディズニー・アニメーションの「アナと雪の女王2」。

 前出の「スカイウォーカーの夜明け」を合わせたディズニーの昨年の興収は110億ドル(約1兆2000億円)に達した。

 2016年に同社が記録した過去最高の76億ドル(約8357億円)を大きく上回り、空前の当たり年となった。特に4月にリリースされた「エンドゲーム」は、これまでの世界歴代興行収入1位だった「アバター」を抜いて首位に立ち「ライオン・キング」も7位にランクインした。これで世界歴代興行収入ランキング・トップ10のうち6作品をディズニーが占め、20世紀フォックスやユニバーサル、ワーナー・ブラザースなどライバルを圧倒した。

 そんなディズニーが今年公開する映画も話題作が目白押しだ。中でも興味深いのは1998年のアニメ「ムーラン」をリメークした同タイトルの実写版だ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ディズニー19年興収1兆2000億円!スター・ウォーズ最新作も1100億円超え」の みんなの反応 1
  • ズバリ!解説委員。 通報

    だいたいやね~、こっちは社員と非正規の差が9対1。あっちは男女従業員数が9対1。これや!こういうのもチェックせなあかん!ワーキングバランスも大切やがな!偏るとギスギスした職場になるのや!笑顔ゆ~ても。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「ピクサー」のニュース

次に読みたい関連記事「ピクサー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スターウォーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「スターウォーズ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。