レッズのカイル・ファーマー捕手 左上腕のタトゥー「Second Chance」に込められた友への思い

レッズのカイル・ファーマー捕手 左上腕のタトゥー「Second Chance」に込められた友への思い
投手デビューも果たしたファーマー(ロイター=USA TODAY Sports)

【元局アナ青池奈津子のメジャーオフ通信=カイル・ファーマー捕手(レッズ)】「Second Chance」。ちょうど半袖の裾からのぞかせるように左上腕の脇側に刻まれたタトゥーの文字に秘められた、友人チャンス・ヴィーゼーさんのストーリーを聞かせてほしいと頼むと、一瞬で輝くような笑顔になったカイル・ファーマーは「書いてくれるのかい? 最高。何でも聞いて」と、試合前の準備の手を止めて全身をこちらに向けてくれた。

「チャンスとは出会った時からまるで旧知の仲みたいだった。寮の部屋が隣同士で、トレーニングのために毎朝同じ時間に起きてリビングで顔を合わせていたし、ちょうどチームで彼がセカンド、僕がショートのポジションを勝ち取ったところで、一緒にプレーしようって時だった。毎日そこにいたやつが、あの翌朝からいなくなったことにひどく衝撃を受けたよ」

 カイルの話す「あの」とは、2009年10月28日のこと。テスト明けで友人と飲みに出かけていて、いつもならチャンスさんも一緒に行くのだが、まだテストが残っていたため彼だけ別の場所で勉強をしていた。深夜近く、カイルの電話が鳴った。野球チームのヘッドコーチからだった。

「1回目を取り逃したらまた鳴って。出ると『チャンスが事故に遭った。すぐに病院に来てくれ』と。慌ててタクシーで病院に行ったんだけど、その晩は会えなくて…嫌な予感しかしなかった。翌日、確かクラスの後でまた病院に行ったんだ。部屋に入って眠っているチャンスの足を揺すったんだけど、反応がなくて…その瞬間に事態の大変さを理解したと思う」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月25日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。