【若駒S】ディープ産駒らしくないラインベックの評価を上げたいワケ

【若駒S】ディープ産駒らしくないラインベックの評価を上げたいワケ
ホープフルSで4着のラインベック(右)。左は1着馬コントレイル、中は2着馬ヴェルトライゼンデ

【若駒S(日曜=26日、京都芝内2000メートル)POGマル秘週報】古くは1991年のトウカイテイオー、最近では2016年のマカヒキなど、結構な名馬が勝ち上がっている若駒Sだが、05年のレースを見てしまえば、他はすべてかすんでしまう。

 楽々と突き抜けたディープインパクトの直線シーンを見て、「こんな馬に乗ってみてぇ~」。裏開催の小倉競馬場で感嘆の声を上げたのは、逃げの名手として知られた中舘英二(現調教師)だ。当時、記者は裏開催の小倉競馬場に滞在しており、直前のレースを終えたばかりの同騎手と検量室で観戦。確かに誰もがそう思うよな。まるでゲームみたいだもん。そのように感じた記憶がある。

 モニター越しでもそうなのだから、現地で見たファンの衝撃はとてつもないものだったのでは? 弥生賞よりも若駒Sのほうが「ディープインパクト記念に適切」という声も聞く。それはレースの格うんぬんの話ではなく、ディープインパクトの名を聞いて「どちらのレースを思い出すのか?」という単純な感覚が理由ではないか。この手の案件はファンの意見を聞いてみるなどの柔軟さがあってもいい気がする。

 そんな若駒Sは今週末の開催。相変わらずの少頭数でもメンバーレベルはそれなりだ。クラシックへの登竜門だけあって、ディープインパクト産駒も毎年のように出走。昨年まで8頭(出走取消の14年アトムは除く)が出走して2勝なら確率的には上々? ディープインパクト産駒は基本的に人気先行で、出走馬8頭のうちの6頭が1番人気。しかも、現在のタフな京都芝は産駒に不向きな馬場だ。ならば、今年のディープインパクト産駒ラインベック(牡・友道)は評価を下げるべきなのか?


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ワグネリアン」のニュース

次に読みたい関連記事「ワグネリアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キタサンブラック」のニュース

次に読みたい関連記事「キタサンブラック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュース

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。