「殺してやる!」と水原茂に飛びついた宇野光雄の思い出

「殺してやる!」と水原茂に飛びついた宇野光雄の思い出
国鉄の監督を務めた宇野光雄氏(1960年)

【越智正典 ネット裏】初場所が始まると、私は戦前東京六大学の慶応の「百万ドルの内野陣」のひとり、名三塁手、1947年巨人入団の宇野光雄を思い出している。

 宇野はほかの場所は公式戦さなかなので見られないと、正月だけは毎年“場所入り”していた。砂かぶりで仕切りから立ち合いの一瞬が三塁守備に通じると勉強していた。ぶちかましのお相撲さんの写真もよく撮っていて体当たりの突進を研究していた。場所が終わるとキャンプ。キャンプではシコを踏み、守りの構えは仕切りのようであった。やがて公式戦開幕。宇野は打者が打席に入ると、打者の至近距離まで前進した。

 相撲といえば、空前の長距離打者、西鉄の三塁手、中西太は往時井筒部屋に朝稽古に行っていた。まわしをしめてぶつかり稽古。大きな柱に向かって鉄砲もやっていた。いまは野球の解析が進んだからなのか、時代なのか、他競技を見に行く選手は稀になった。

 54年、巨人監督、水原茂は明石キャンプが始まると、塾の後輩、宇野光雄を引っぱり出して猛ノックを浴びせた。知ってのとおり、水原も堅実強肩、慶応の三塁手である。宇野はたのしそうであった。「このヘボノッカー。もう一丁!」。あとになって私たちは水原の壮行ノックだったのだと気がついた。読売幹部が結団から5年目の国鉄のチーム強化の要請を受け、宇野の将来を考え、監督就任含みを条件に国鉄にトレードを決めていたのだ。練習中に通告された宇野は「オミズを殺してやる!」と水原に飛びついた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月25日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。