MXテレビ高級外車騒動「担当者自殺」の闇

MXテレビ高級外車騒動「担当者自殺」の闇
渦中の東京MX

 最悪の事態になってしまった。東京MXテレビの“ランボルギーニ騒動”で、中心人物とされた社外企画会社の番組制作担当者の40代男性X氏が、福岡市西区で遺体で見つかったことが27日、分かった。車中で練炭自殺を図ったとみられる。これにより、同車が優勝者に届かなかった問題や参加者から集めた大金の行方など、事件の真相は分からずじまい。車内から「ご迷惑をおかけしました」と書かれたメモが見つかったが、他方でX氏が生前「脅されている」と周囲にこぼしていたという情報もある。X氏を自殺に追い込んだものとは――。

 X氏は東京MXテレビが2019年1~3月の深夜に放送したバラエティー番組「欲望の塊」の制作を担当。番組は20人のイケメンホストが2000万円相当の高級外車「ランボルギーニ」の獲得を目指して、ゲームに挑む内容だった。

 優勝したのは新宿・歌舞伎町のホストクラブ社長で「噂のりっくん」こと一陸斗氏。ところが、待てど暮らせど、ランボルギーニが納車される気配がない。ついにはX氏と連絡が取れなくなり「ダマされた!」と自覚。今月15日に被害を公表した。参加したホストは宣伝料名目で1人当たり150万円前後をX氏に支払ったという。この時点でX氏の懐には3000万円が入った計算となる。

 X氏はMXの社員ではなく、ホストのフリーペーパーを発行する企画会社の社長だった。X氏が番組の企画を制作会社A社に持ち込み、これに乗っかったA社がMXから放送枠を買い取った。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。