DeNA・ラミレス監督 ビスケル特別コーチに大仕事を期待

DeNA・ラミレス監督 ビスケル特別コーチに大仕事を期待
インディアンス時代、二塁上でイチロー氏(左)と言葉を交わすビスケル氏(01年10月)

 超大物をフル活用せよ。DeNAは春季キャンプで特別コーチとして米大リーグで一時代を築いたオマー・ビスケル氏(52)を招聘する。2月4日から13日までの予定で一軍、二軍を問わず若手指導に尽力するという。ドラフト1位・森敬斗内野手(18=桐蔭学園)の直接指導も期待されており、キャンプ期間中は“名手のDNA”がマンツーマンで注ぎ込まれる貴重な場になりそうだ。

 ビスケル氏は現役時代、マリナーズ、インディアンス、ジャイアンツなど6球団で24年間もプレー。MLB通算2877安打、404盗塁の輝かしい記録を残した。遊撃手としてゴールドグラブ賞を実に11度も受賞し、ニックネーム「リトル・オー」の華麗な守備力は今でも語り草となっているほど。文句なしの「レジェンド」だ。

 そんな超大物の招聘に成功したのは、同じベネズエラ出身でインディアンス時代にチームメートだったラミレス監督の人脈があったからこそ。「ラミレス監督からの強い要請を受け、ビスケル氏は二つ返事でOKした。あそこまでのレジェンドに対し、直接オファーをかけられるコネクションはなかなかない」とチーム関係者もラミレス監督の交渉力にあらためて脱帽している。

 ビスケル氏にはキャンプでの若手指導もさることながら、今後のホットライン継続も嘱望されている。2012年シーズンを最後に現役引退後は指導者の道へ進み、エンゼルスやタイガースでコーチを務め、17年のWBCでベネズエラ代表監督にも就任。20年シーズンはメキシカンリーグのトロス・デ・ティファナで監督を務める。

「ビスケル氏は指導者として多くのメジャーリーガーから慕われた。エンゼルスのコーチ時代にはポジションこそ外野だが、あのマイク・トラウトからも『マイ・フェーバリット(お気に入り)』と呼ばれ、師匠格となっていた。ベイスターズとしては第2のトラウトになりそうな“金の卵”を見つけてもらい、ビスケル氏のルートで新外国人発掘につなげていく道筋もできる」(メジャー関係者)

 DeNAにとってビスケル氏はこの上ない“巨大補強”となりそうな気配だ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。