原巨人 競争激化で“宿舎戦争”が勃発

原巨人 競争激化で“宿舎戦争”が勃発
ナインの競争意識をあおる原監督

 8年ぶりの日本一奪還を狙う原巨人が競争激化のため一軍とファームの格差を徹底させる。4年ぶりの一、二、三軍同時スタートとなる春季宮崎キャンプでは計3戦の「サバイバル紅白戦」を実施。14日からの沖縄キャンプの切符をかけた戦いとなるが、選手のやる気と競争意識を直接刺激するため、宿舎そのものの入れ替えまで断行するという。

 宮崎で行われていた一軍合同自主トレが30日、打ち上げとなった。打撃練習で陽岱鋼にアドバイスを送るなど精力的に汗をかいたキャプテン坂本は「みんなで気付いたことを言い合ってレベルアップしていければいい」と総括した。

 キャンプインすると2月4日の一軍若手VSファームを皮切りに、一軍同士2試合(8、9日)の計3試合の紅白戦が待ち受ける。元木ヘッドコーチは「(育成から)いきなり支配下になり一軍のレギュラーになる可能性はある。ダメなら落としますから」と頻繁な入れ替えを予告している。

 特筆すべきは入れ替えと同時に宿舎も変更となる点。球団関係者は「今年は宮崎にいるうちに一軍との入れ替えがあったら宿舎もキッチリと入れ替えます」とニヤリと笑った。

 巨人は2次キャンプが沖縄・那覇となった2011年以降、故障等を除いて一、二軍の入れ替えは沖縄移動のタイミングで行うのが慣例。宮崎で一軍の練習に参加することになった二軍選手がいても、宿舎はそのままだった。両宿舎は約300メートル離れているため、荷物移動等の手間を考えればやむを得ない。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。