巨人“秘密兵器”導入でGナインの視線を集めた大砲・岡本

巨人“秘密兵器”導入でGナインの視線を集めた大砲・岡本
下を見る岡本。サイズを確認しているのか…

 原巨人が“秘密兵器”を導入中だ。リーグ連覇、8年ぶりの日本一奪回を目指す巨人は宮崎での春季キャンプから捕手を含む全野手陣、さらに投手陣にもファウルカップの試着を指示。打球の急所直撃による故障離脱を防ぐことが目的だが、Gナインの関心はあらぬ方向へ…。なぜか、このファウルカップを巡って主砲・岡本和真内野手(23)に注目が集まっている。そのワケとは――。

 鍛錬の時はまだ始まったばかりだ。キャンプ3日目はティー打撃にゴルフの練習用ボールが登場するなど、首脳陣も工夫を凝らしている。原監督も「選手たちが興味深くやるのはとても大事だと。集中力を切らさずに練習をやらせるという一つの手段だと思います」と大きくうなずいた。

 選手たちは厳しい練習に日々打ち込んでいるが、チームとしては今キャンプから新たなリスク軽減策も取り入れている。捕手だけでなく内外野手、投手陣にも急所を保護するためファウルカップの装着を推奨しているのだ。導入の決め手は「考え方は昨年のフェースガードと同じです。ルールの範囲内で使えるものは使いましょうということです」(チーム関係者)という。

 昨春のキャンプでは球が顔面を直撃するリスクを減らすため、ヘルメットに装着するフェースガードの着用を励行。今年は股間も守るため“金カップ”をというわけだ。米大リーグでは昨年6月、マリナーズのミッチ・ハニガー外野手が自打球で睾丸破裂の重傷を負い、4か月の欠場を余儀なくされたケースもある。確率は低くても、万一の事態が起きてシーズンを棒に振っては確かにもったいない。減らせるリスクは減らしておくに越したことはないというわけだ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「岡本和真 + 侍ジャパン」のおすすめ記事

「岡本和真 + 侍ジャパン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小林誠司」のニュース

次に読みたい関連記事「小林誠司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鳥谷敬」のニュース

次に読みたい関連記事「鳥谷敬」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の野球記事

キーワード一覧

  1. 岡本和真 侍ジャパン

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。