続く新型肺炎ショック 中国国境エロタウン壊滅危機

続く新型肺炎ショック 中国国境エロタウン壊滅危機
ラオカイと河口を結ぶ国境ゲート

【アツいアジアから旬ネタ直送亜細亜スポーツ】新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく、世界各国に広がる“中国人お断り”措置。特にナーバスなのが、中国と国境を接する国々だ。ロシアやモンゴル、カザフスタンが3日までに国境検問所を封鎖し、“仲良し”の北朝鮮までもが中国との国際列車の運行を取りやめた。長大な国境線を有するアジアの大国が今や“陸の孤島”になりつつある。

最北部で中国と接するベトナムは、主要な通行路になっている3か所のイミグレーションで検疫態勢を強化し、中国人への観光ビザ発給を停止、国境を越えた交易の制限に踏み切った。国内感染者は3日までに8人(ベトナム人6人と中国人2人)で、ほとんどが業務研修を終えた湖北省武漢からの帰国者だった。うち1人は感染者と接触したホテル従業員。

「ベトナム北部では観光をはじめ、中国への依存が大きい。中国南西部の広西チワン族自治区・東興市との間を結ぶモンカイ国境は、とりわけ両国の“大動脈”になっていて、年間取引額は170億ドル(約1兆8700億円)に及ぶ。感染拡大はなんとしても食い止めたいところ」とは首都ハノイ在住記者。

壊滅危機を迎えているのが、ベトナム北西部ラオカイと国境を接する中国雲南省の河口(ヘイコー)だ。町全体が中国人向け歓楽街で、中心部にはいかがわしいマッサージやカラオケ、大人のオモチャ屋、置き屋などが軒を連ねる。そうした場所で働く風俗嬢のほとんどはベトナム人。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。