西武・メヒア 大減俸でも残留した背景「この環境こそ我が財産」

西武・メヒア 大減俸でも残留した背景「この環境こそ我が財産」
春季キャンプで笑顔を見せるメヒア

【広瀬真徳 球界こぼれ話】先週、宮崎・南郷で行われている西武の春季キャンプで来日7年目を迎える助っ人、エルネスト・メヒア(34)を取材した。

 彼はここ2年ほど出場機会に恵まれなかったため、移籍を視野に入れていたことは以前、当コラムでも書いた。だが、最終的には昨季年俸5億円(推定)からの大幅減俸をのみ、年俸1億円で西武残留を決断した。この背景には何があったのか。真相を知りたかったため、本人に聞いてみると、その理由は意外なものだった。

 一つは渡辺久信GMの温かい「ひと言」だったという。

「調子が良くても出場機会が限られていたため、僕自身は『もうこのチーム(西武)は自分を必要としていない』と思い込んでいた。でも、去就に悩んでいる時に渡辺さんから連絡があり『来季も戦力として考えている。(西武に)残ってほしい』と改めて言ってくれたんだ。それがうれしくてね。このひと言でそれまでの複雑な気持ちが晴れたんだ」(メヒア)

 チームメートやファンの日頃の支えも残留に傾いた要因だったと続ける。

「一度冷静に自分を見つめなおして思ったんだ。確かにここ数年、出場機会が少なかった。でもそんな僕にライオンズの首脳陣、チームメート、ファンは批判もせず、常に見守ってくれ続けた。特にファンは少ない出番にもかかわらず、本拠地では大きな声で声援を送り続けてくれた。こんな幸せな状況を捨てて、新天地でプレーはできない。そう思ったら、今度は自分がチームやファンの信頼を取り戻せるよう、少ないチャンスでも全力を尽くして期待に応えるべきではないか、と。お金には代えられない価値があると言うけど、今思えばこの環境こそが自分の財産だとわかった。その思いを今季、西武で見せたいね」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。