美しすぎる騎手ミシェル独占激白 「菜七子」「日本人男性ジョッキー」「JRA免許」

美しすぎる騎手ミシェル独占激白 「菜七子」「日本人男性ジョッキー」「JRA免許」
初めての茶道をたしなみ、日本の文化に触れたミシェル(取材協力・茶友倶楽部 空門)

 現在、競馬界を席巻する“美しすぎる騎手”をご存じだろうか? 先月27日から川崎を拠点に地方競馬で騎乗中のフランス人ジョッキー、ミカエル・ミシェル(24)だ。モデル並みの美貌に加え、仏では2018年に女性年間最多勝利記録を樹立するなど世界版藤田菜七子と呼べる存在だ。日本の芸能界からも熱い視線を浴びるミシェルのJRAジョッキーとしてのデビューは果たしていつ? そのXデー、さらに日本への熱い思いを本紙に語ってくれた。

 ――日本では“美しすぎる騎手”と呼ばれているが

 ミシェル:そう言ってもらえることは、とてもうれしいです。ブスすぎると言われるよりは(笑い)。

 ――自分自身では何と呼ばれたい

 ミシェル:フランスで3か月の間に勝ち星を量産した時、一気に駆け上がるイメージから、トルネードと呼ばれました。そのフレーズは気に入っています。

 ――騎手になろうと思ったきっかけは

 ミシェル:馬が大好きで、それに関われる仕事はないかとインターネットで調べたところ、騎手という職業があるのを知りました。興味を持ち、この仕事をしたいと思うようになりました。

 ――騎手になる前に、厩務員をしていた

 ミシェル:日本と違い、フランスでは上位のジョッキー以外は、騎手だけで食べていくのは難しい。私も厩務員の仕事をしながら、騎手としてレースに出られる機会を探っていました。

 ――2014年に念願の騎手デビューとなったが、翌年(15年10月)には落馬で大けがをした


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「美しすぎる騎手ミシェル独占激白 「菜七子」「日本人男性ジョッキー」「JRA免許」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    すごい騎手さんや。フランスは文化先進国だが、競馬は日本ほど多くのファンがいないみたいですね。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「武豊」のニュース

次に読みたい関連記事「武豊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岩田康誠」のニュース

次に読みたい関連記事「岩田康誠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福永祐一」のニュース

次に読みたい関連記事「福永祐一」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。