激怒した星野に田淵が返した憎めないセリフ

激怒した星野に田淵が返した憎めないセリフ
オールスターで顔を揃えた(左から)山本浩二、田淵幸一、星野仙一(76年7月)

【ネット裏・越智正典】通算474ホームラン、競技者表彰のエキスパート部門で殿堂入りした田淵幸一は、内気な少年であった。父親は部下みんなに慕われていた会社役員で、花笠音頭が大好きだった。豊かな家庭に育った。が、母親に“お母さん、お小遣いちょうだい”と言えなかった。欲しいときは、手紙を書いてちょうど2階の自分の部屋の真下が母親の居間だったので釣りざおの先にヒモで手紙を結んで母親の居間の窓にゆらゆら…。もしかすると、これは幸一少年のたのしい遊びだったのかも知れない。

 1946年東京生まれ。星野仙一(故)と仲がよかったのはよく知られているが星野は47年のはや生まれである。法政一高に進んだ。そんな田淵を大きな心で包み鍛え、勇猛でなければならないキャッチャーに育てたのは、このとき法政一高の監督であった松永怜一(ロス五輪金メダル監督、2007年殿堂入り)である。

 松永は田淵に二塁を守らせ右に左にノックを打ち込み走らせた。真正面に直撃打も叩きつけた。田淵はのちに東京六大学通算22号を放ったのだが(立教大学の長嶋茂雄が通算8号の六大学新記録を樹立したときの神宮球場はいまより両翼が約10メートル広く、左中間、右中間にふくらみがあった)その頃、田淵は見に来た女子高校生たちに「キリンちゃん、かわいい!」と騒がれていた。

 松永は長身の田淵を法政一高のときから二塁手にするつもりはなかった。大正年間の名左腕投手、谷口五郎(79年殿堂入り)は後輩の指導者に「選手を肉眼で見てはいけません。心眼で見なさいよ」。55年秋に来日したNYヤンキースの名捕手、ヨギ・ベラは遊撃手で入団後、捕手にコンバートされて開花した。岡山東商、明治大学、大洋の名捕手、土井淳(前駿台倶楽部会長、現同相談役)は遊撃手として鍛えられて来たのでフットワークが素晴らしかった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。