日本プロレス界悲願の「殿堂会」実現 レジェンドの功績たたえ保障制度確立へ

日本プロレス界悲願の「殿堂会」実現 レジェンドの功績たたえ保障制度確立へ
発足記者会見に出席した(前列左から)天龍、藤波 長州。(後列左から)嶋田紋奈氏、LEONA、池野慎太郎氏

 日本プロレス界約70年間の悲願だった「殿堂会」がついに実現する。日本プロレス殿堂会実行委員会が20日、東京・港区のザ・オークラ東京で会見を行い「日本プロレス殿堂会」(東京スポーツ新聞社特別協力)と「同サポーターズクラブ」の発足を発表した。

 運営の中心はミスタープロレス・天龍源一郎(70)の愛娘で天龍プロジェクト代表・嶋田紋奈氏(36)、革命戦士・長州力(68)の義理の息子・池野慎太郎リキプロ代表取締役(32)、そして今なお現役を続ける炎の飛龍・藤波辰爾(66=ドラディション)の長男でプロレスラーのLEONA(26)による「二世会」となる。

 昨年夏から3氏による話し合いが持たれ、偉大なレジェンドを父に持つ同士で、その功績をたたえる会はできないかとの議論を重ねた。その結果「日本にプロレスという文化を伝承してきたレジェンドをたたえ、現在活躍する選手の引退後の保障など中立的に支持できる組織をつくりたいという思いに至りました」(嶋田氏)という。

 賛同する団体は新日本プロレス、全日本プロレス、大日本プロレス、DDT、ドラゴンゲート、プロレスリング・ノア、2AW、W―1など国内ほとんどの団体。個人としては燃える闘魂ことアントニオ猪木氏(77)、故ジャイアント馬場さん(享年61)の肖像権を管理する株式会社H.J.T.Production代表取締役の緒方公俊氏(32=馬場さん夫人の故元子さんの又甥)、天龍、長州、藤波がここに加わる。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。