新型コロナ騒動で習近平の政敵が暗躍?クーデター説が浮上

 新型コロナウイルスは習近平体制の転覆を狙った「内部クーデター説」が取りざたされ始めた。これまでウイルスは武漢市近郊にある中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所から漏れたとの説が、まことしやかにささやかれていたが、中国当局は「でたらめ」と否定に追われている。それでも消えない流出説には、権謀術数が渦巻く中国共産党内の権力争いが背景にあった。

 中国外務省の耿爽副報道局長は20日の会見で、新型コロナウイルスが研究所から漏れた生物化学兵器ではないかというウワサに「世界中の多くの専門家が科学的根拠がないと認識している」と否定した。この研究所からの流出疑惑は、さまざまな話が飛び交っている。

 先月、中国ネット上や欧米メディアの指摘に始まり、今月には「研究所に勤務していた研究員が0号患者で死亡し、火葬した際に感染が始まった」とのウワサが広まり、研究所は「デマだ」と火消しに追われた。

 最近、新たに加わったストーリーはクーデター説だ。

 元韓国国防省北朝鮮分析官で拓殖大学主任研究員の高永チョル氏は「複数の米中情報筋から習近平の政敵である江沢民派閥の仕打ちの疑いの話が出ています」と指摘する。

 研究所は王延軼なる39歳の女性が所長を務め、夫の舒紅兵氏は武漢大学副校長の要職にある。

「舒氏は江沢民元国家主席の息子である江綿恒氏と盟友関係にある。王氏が2年前に37歳の若さで所長に抜てきされたのも夫のおかげといわれています。王氏がウイルスを何らかの形で外に持ち出し、広めたといわれ、江沢民の上海閥による政治報復ではないかというワケです」(高氏)


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。