コロナ休校で大パニック 共働きの家庭や学校関係者が悲鳴

 安倍晋三首相(65)が全国の小中学校や高校などに、一斉に臨時休校を要請したことに、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から評価の声が出る一方で、共働きの家庭や学校関係者からは悲鳴や戸惑いの声が上がった。突然の休校要請に子供を持つ看護師が出勤できなくなることで、一部の病院が外来の休診を決断するなど、社会インフラにも影響が及んでいるが、その裏側で静かに仕事のあり方が変わろうとしている。

 安倍首相は27日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、子供たちへの感染の拡大を防ぐため、3月2日から全国の小中高校や特別支援学校を臨時休校にするよう要請する考えを表明。入試や卒業式を実施する場合は、感染防止の措置を講じ、必要最小限の人数に限って行うなど万全の対応を取るよう求めた。一方、厚生労働省は、保育所は共働き世帯が多く利用しているため、要請の対象ではないとした。

 政府はこれまで、子供は感染しても重症化のリスクが低いとして「国民は冷静な対応を」と言ってきただけに、突然の首相の要請を受け、子供を持つ親からは悲鳴が上がった。

 就学児を持つ親は「ウイルスが大変なのは理解できるけど、夏休みみたいに外に遊びに行かせるわけにもいかない。家にいるとゲームばかりして勉強もしない。どうしたらいいのか…」「うちの子供は高校3年と中学3年。高校は明日(28日)が卒業式。最初は保護者なしって話もあったけど、先生が掛け合ってくれて、時間短縮でできることになった。中学(の卒業式)は来月だからどうなるか分からない。楽しみにしていたから、かわいそう」などと困惑している。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。