【中山記念・後記】ダノンキングリー GI馬5頭粉砕し大阪杯へ!横山典「勝つ力は十分にある」

【中山記念・後記】ダノンキングリー GI馬5頭粉砕し大阪杯へ!横山典「勝つ力は十分にある」
ダノンキングリーを見事、勝利に導いた横山典。これで95年から26年連続のJRA重賞勝利だ

 無観客で行われた1日のGII中山記念(芝内1800メートル)は、ダノンキングリー(牡4・萩原)が1分46秒3で優勝。2020年の初戦を白星で飾った。9頭立てとはいえ、GI馬5頭を破っての勝利は価値がある。飛躍のシーズンを迎えた勝ち馬の今後の可能性を検証する。

 危なげない勝利だった。道中は前を行くマルターズアポジー、ソウルスターリングから少し離れた3番手のインをリズム良く追走。後ろに控えるGI馬4頭の動きをうかがいながら、3コーナー過ぎから先行2頭との間合いを徐々に詰めにかかる。4コーナーを回って外へ持ち出した時にはすでに4番手以下に対して2~3馬身のリードをキープ。鞍上が満を持して追い出して先行勢を抜き去ると、そのままの勢いでラッキーライラックの追撃を振り切った。

「行く馬がいたので考えていた通りの位置でレースができた。直線を向いた時の手応えも良かったよ。1頭になってふらつくようなところもあったけど、これから伸びシロのある馬だからね。まだGIは勝ってないけど、勝つ力は十分にある。この後も無事に行ってほしいね」と横山典。

 落馬負傷した戸崎圭に代わってコンビを組んだ昨秋のマイルCSは5着。年が明けた今季初戦は馬体重こそ6キロ増だったが、パドックをどっしりと周回。無観客だったとはいえ、落ち着き払った姿が印象的だった。

 コンビ2戦目のベテランが“GIを勝てる”ときっぱり言い切ったのは、GI馬5頭を負かしたというよりも確かな成長を感じ取ったからこそだろう。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソウルスターリング + 追い切り」のおすすめ記事

「ソウルスターリング + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

「ソウルスターリング + 引退」のおすすめ記事

「ソウルスターリング + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュース

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月2日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ソウルスターリング 引退
  2. ソウルスターリング 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。