テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」を厚労省“デマ発信者”扱い コロナバトルの行方は

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」を厚労省“デマ発信者”扱い コロナバトルの行方は
「羽鳥慎一モーニングショー」の羽鳥キャスター

 新型コロナウイルスの感染拡大が続き、国民の不安が高まる中、厚生労働省が異例の火消し行動に出た。4日に放送された朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)の内容に対し、ツイッターで“クレーム”を入れたのだ。名指しされた番組やコメンテーターは、さながら“デマ発信者”扱いで今後、禍根を残すことは必至だ。

 厚労省が5日、ツイッターでやり玉に挙げたのは、マスクを巡るコメンテーターの発言だ。

「3月4日午前8時からの『羽鳥慎一モーニングショー』の出演者から、『まずは医療機関に配らなければだめ(以下略)』とのコメントがありました」としたうえで、厚労省は「感染症指定機関への医療用マスクの優先供給を行った(同)」と反論した。

 この“クレーム”に対し、ネット上では、同番組で歯に衣着せぬ発言を連発している同局社員の玉川徹氏が連想されたが、実際は元国立感染症研究所研究員で、白鴎大特任教授の岡田晴恵氏の発言だった。

 1月に日本でも新型コロナウイルスの恐怖が認知されてから、岡田氏は各局の番組にコメンテーターとして出ずっぱり。白鴎大によれば、2月のテレビ番組出演数はなんと66本で、1日2番組以上をハシゴしている。「モーニングショー」には、ほぼレギュラーで毎日出演している。

 岡田氏が重宝される理由は、他番組に出演している医師や医療関係のコメンテーターが、パニックにならないように沈静化に努めている中、「新型コロナは脅威」「政府、厚労省の対応は問題だらけ」「(国内の感染者が)実際、私は数万人はいますよと言ったら、多くの感染症の専門家から『言い直せ』と。『数十万人だろうと』」などと真っ向から主張することだ。


あわせて読みたい

羽鳥慎一のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「上重聡」のニュース

次に読みたい関連記事「上重聡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桑子真帆」のニュース

次に読みたい関連記事「桑子真帆」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴江奈々」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴江奈々」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。